イシュランチーム写真

「イシュラン」チーム代表の鈴木英介(株式会社メディカル・インサイト 代表取締役)です。

乳がん(乳癌)のような人生を左右するような重大な疾患にかかった場合、まず最初に本人や周囲が考えるのが、どこの病院、そしてどの医師で治療を受けるかということでしょう。

しかし、いざ病院や医師を決めるとなると、どのように考えたら良いのか確信を持てない方が多いのが実情です。
乳がんの病院・医師ガイド「イシュラン」は、そうした有事の際の「羅針盤」のような存在をつくるべく、開発をスタートしました。

病院選びの相談を度々受けたことがきっかけでした

「精密検査をした病院で、『あなたのようなケースだとうちの病院では面倒見切れない』と言われ、途方に暮れてしまった。」

「母にどこで手術を受けてもらおうか色々調べてみたけれど、一見良さそうに見えるウェブサイトでも、怪しげな治療法の商売に誘導されていく気がして、何を信じたら良いのかわからなくなってしまった。」

いずれも、一般的な情報リテラシーはかなり高いと思われる友人が上げた声です。このような病院選びの相談を、ご家族やご自身ががんに罹った友人から度々受けたことが、イシュランを立ち上げるきっかけとなりました。

医療の知識を活かし、信頼できる病院・医師情報を
発信したい


確かにウェブ上でいざ調べようと思うと、必要な情報は色々なサイトに点在していてわかりにくいし、検索してぱっと出てくる情報は怪しげな治療の宣伝媒体になっていることがしばしばです。

・目立つ情報は科学的なエビデンスの伴わない治療法の宣伝がほとんど
・「正しい」情報は複雑でわかりにくいし歯切れも悪い
・病院の情報はそれなりにあるが医師単位の情報は少ない
・情報はあったとしても、どう選んでいったら良いのかという考え方まで踏み込んでいない

等々、信頼がおけてかつわかり易い情報がなかなかないのです。

医療の世界で事業を営む私が見れば、必要な情報がどこにありどう組み合わせて考えれば良いかすぐわかるし、信頼できない情報は怪しいとすぐ認識できますが、一般の方はそうはいきません。

私の持つ知識や経験を可視化することによってこうした問題を解決し、信頼のおける病院・医師情報を誰もが手軽に参照できるようにしたいと強く思いました。

実際、患者さんにアンケートをとってみて、次のような声が寄せられています。

わたしたちは、こうした患者さんたちの力になるべく、「イシュラン」を作ることにしたのです。

「精神的な辛さを感じているときに、病院や医師の選択をしなければならないのは辛かったです。」 「どこでどんな治療がうけられるのかがわかる一覧資料のようなものがあればよかった。」 「病院選びも重要ですが、医師との相性も重要です!」 「手術をした病院には専門医がおらず、乳がんについての専門知識が足りないと感じました。」

乳がん患者会リーダーが「今一番必要な情報」と
認めるアイディア

このアイディアを、乳がん体験者の経験談を数多く知る患者会リーダーの方々にぶつけてみたところ、彼女たちからも「病院選びや医師選びは、患者さんが最初につまずくところ。今一番必要な情報だから、是非実現して欲しい」と強く後押しして頂き、意義に共感してくれたソニックガーデンのメンバーと一緒にサイトを立ち上げることにしたのです。

キャンサー・ソリューションズ(CANSOL)の桜井なおみさん、愛媛がんサポートおれんじの会の松本陽子さんなど、多くの患者リーダーの方々の、暖かい励ましと助言があって開始したプロジェクトです。

桜井なおみさん写真

キャンサー・ソリューションズ代表 桜井なおみさん

丁寧なプロセスを経て、医師との信頼関係を
結びながらサイトを作成

イシュランは、病院や医師選びに必要な情報を、複数のデータソースからマッシュアップしています。また、選択の際の考え方や、医師ごとの顔の見える情報まで踏み込んだ、画期的なサイトです。

医師の先生方お一人お一人とお手紙をやり取りして当サイトの意義を説明し、写真の掲載許諾を頂いたり患者さんへのひとことなどを頂いたりと、丁寧なプロセスを踏んだ上でコンテンツを作成しています。

お手紙の写真

まずは愛媛版を作ってみました


乳がんの病院・医師ガイドを作るとはいっても、一度にすべてをリスト化するのには、膨大な時間と労力がかかります。

そこで、自分たちのアイディアをまずは形にするべく、手頃なサイズでかつ患者さんからのフィードバックを頂き易かった愛媛版を試験的に作ってみました。
https://www.ishuran.com/ehime

実際の作成にあたっては、各病院で乳がんを診療していそうな医師を各学会のHPや各施設のHPの内容を突き合わせながら抽出した上で、医師お一人お一人に写真の掲載の許諾を頂きながら進めたのですが、お叱りを頂いたり掲載自体をお断りされる医師もいらっしゃれば、非常にご丁寧なメッセージを頂いた医師もいらっしゃるなど、当初想定していなかった苦労もありました。

ともあれ、ひとまず愛媛版を完成させたことにより、次のようなイシュランの特徴を「目で見て触って」理解して頂けるようになったと思います。

・乳がんに特化した客観的情報が病院単位・医師単位で見やすく整理されている
・単なるデータの羅列だけでなく、どう考えたら良いかという「視点」がわかる
・医師のコミュニケーション・タイプのような”柔らかな”情報も知ることができる
・科学的エビデンスの伴わない治療法の広告宣伝を一切見なくてすむ

これからの展望

愛媛版を内々に見て頂いた患者さんからは、「こういうものが欲しかった」「是非他の都道府県やがん種でも拡げて欲しい」との声を頂いています。私たちも、今後カバーする都道府県やがん種を順次増やして、患者さんやご家族にさらに貢献していきたいと考えています。

以下のブログ記事もあわせてご覧ください。

本日、乳がんの病院・医師ガイド「イシュラン」にて、「四国制覇」致しました!また、合わせてデータ更新や一部デザインリニューアルを行っております。サイトをご覧頂き、本趣旨にご賛同頂ける方は、支援ページ(...

Posted by イシュラン on 2015年4月15日

このサイトでご支援いただいた方 (7)

[female]
匿名様

これからの治療方法を決めないといけませんが、まだまだ迷っている状態です。
みなさまもそのような感じなのでしょうから、このようなサイトがあることは心強いです。
これもよろしくお願いいたします。

[male]
匿名さま

病に苦しむ患者さんの為にも、これからも頑張って活動を続けて下さい。

[female]
匿名 様

ささやかですが、一助となれましたら幸いです。
エリアも追加されて益々充実していっていますね。
今後も応援しております。

[female]
kiyoko.chiba様

病気なってみると、このようなサイトはとても助かり有り難く思っております。
僅かばかりの支援で申し訳ありませんが、今後とも応援しております。

[not_known]
Reiko様(60代):乳癌患者

ガン患者は最初にあたった医師か、手術を担当した医師に
相性が合わなくてストレスを感じつつも
(データーをとってるからという理由で)その後の治療を5年、7年。

再発となれば何十年と付き合って行くことになるのです
公共の病院等は2年程度で他の病院に転任されるでしょうがそうでない病院がほとんどです

患者が選ぶ病院。選んだ医師!
患者はいつまでも「受け身」ではいけません
もっと知識、情報を積極的に活用しなければ・・・
そのために正しい情報を提供してくださる「イシュラン」を私は大事な存在として受け止めています

[not_known]
乳癌患者:女性48歳/家族が医療関係者

がんと宣告されて、不安を抱えて日々を過ごしている方がこれからますます増えると思います。そういった中、日本乳癌学会のHP、及び患者向けガイドラインといった本当に信頼すべき情報にたどり着くのには随分時間が掛かりました。このサイトも「本当に信頼出来る」情報を掲載していると、患者のみなさんや医師など全ての方から支持してもらえるサイトに成長する事をお祈りしております。

[female]
mai3973様(30代):知人が医療関係者

乳がんで不安になっている患者様、家族の方が1人でも多くマッチした病院、
医師の方に会えて1日でも早く元気になれますように。
また今後、地域やがん種が充実され、より多くの患者様の病院選びのよりどころとなる
サイトになることを応援しております。

READYFORでご支援いただいた方 (19)

Readyfor success イシュランReadyforプロジェクト

  • Tomoko Suzuki Matsutani 様
  •     多くの女性に勇気をプレゼントするサイトだと思います!
        心より応援申し上げます。

  • 境 秀樹 様
  •      乳癌の検査や治療を身近なものにできるといいですね。
        がんばってください。

  • Terumichi Tawara 様
  •     鈴木さん、大変有意義なご活動と思います。
        少額で恐縮ですが応援しております!

  • Tomoko Tsuji 様
  •     頑張って下さい!

  • かとちゃん 様
  •     いつも素晴らしい情報をありがとうございます。
        微力ながら応援させて頂きます。頑張って下さい。

  • 望月鶯(もちづき うぐいす) 様
  •     頑張ってね(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

  • Minoru Kawaguchi 様
  •     頑張って下さい!

  • Mitsuru Sakamoto 様
  •     頑張って下さい!

  • Yoshihiro Fujita 様
  •     頑張って下さい!

  • こうぞうさん 様
  •     筋委縮より、乳がん優先なのだ。

  • なとろむ 様
  •     興味深い試みだと思います。
        いわゆる「名医100選」といった本は掲載料が
        かかると聞きます。
        よって、必ずしも信頼性があるとは限りません。
        「イシュラン」のような形式だと、より客観的な指標になり
        うると思います。
        それでも情報の質や鮮度の維持にはコストがかかるでしょう。
        その辺りを解決できるシステムができることを願っています。

  • Koji 様
  •     こういったサイトができたら助かる人はきっと多いと思います。
        頑張ってください!

  • Fumie Fujisawa 様
  •     頑張って下さい!

  • 齊藤正幸 様
  •     意義ある活動に、微力ですがご支援させていただきます!
        素晴らしい仕組みを作ってください!

  • Masako Tokura 様
  •     イシュランによって、一人でも多くの乳がん患者さんが正しい知識
        を得て、よい先生に出会い、
        ご自身で納得のいく治療を選択できますように!
        心から応援しております。

  • Yoichi Ouchi 様
  •     頑張って下さい!

  • 通りすがり 様
  •     頑張って下さい!

  • Massa 様
  •     乳がんになった人は周囲にけっこういます。
        そんな女性たちの力になることを願っています。

  • Supermama 様
  •     このプロジェクトで、病院選びが、患者さんにとって、より楽に、
        スピーディに、納得のいくものとなりますように。
        がんばってください。



    ご支援ありがとうございます。

    イシュラン編集長の鈴木英介が独自の切り口で、科学的根拠に基づきながら、一般の方に面白く・わかりやすく”旬”の医療情報を伝えます。 月に1〜2回程度のペースでお届け。目障りな広告はいっさい入りません。

    過去に配信した内容はこちら (ブログとしてもアップしています)

    現在のサイト作成状況
    47 / 47都道府県
    登録医師数・病院数
    3554人・1173施設

    支援受付はいったん締め切らせていただきました。たくさんのご支援ありがとうございました。