この先生はどんな先生?

120
学究型 2
リーダー型 42
聴き役型 6
話し好き型 70

この先生をご存じなら投票してください

数字を使ってきっちりした説明をする真面目なタイプ。 治療方針を論理的に理解・納得したい患者さんに向く。
医師自らぐいぐい引っ張る頼もしいタイプ。 治療方針をバシッと端的に示してほしい患者さんに向く。
患者の話を良く聴き受け容れる優しいタイプ。 自分の話をしっかり受け止めてほしい患者さんに向く。
楽しく前向きに患者の気持ちを盛り上げるタイプ。 堅苦しくないざっくばらんなコミュニケーションを望む患者さんに向く。

この先生の乳房再建の説明

77
写真など術後の姿がイメージできるもので説明を受けた 52
口頭で説明を受けた 22
説明はなかったがパンフレットを渡された 2
説明も渡されたものもなかった 1

手術を受けた経験があれば、情報をお寄せください

この先生から乳房再建に関する説明を受けましたか?

この先生から受けた手術タイプ

81
Loading...

手術を受けた経験があれば、情報をお寄せください

あなた(もしくはご家族)はこの先生からどの手術を受けましたか?

患者さんの感想

18

私は夫の仕事上、いろんな都道府県を転勤しています。引っ越しは2-3年に1回あり、乳癌検診を受けていましたが、どうした訳か検診結果報告書を見ておりませんでした。そのため今回のような病状が進んだ状態で先生の診察を受けることになったのです。私は静岡県に引っ越しして落ち付いた引っ越し荷物の中から1年前の日付の検診結果を見つけました。要精査だったのに1年以上も病院を受診していませんでした。加賀野井先生の浜松労災病院を受診することになったのは、他府県の友達のお勧めでした。初めて受診した私は自分を責めて泣いていました。加賀野井先生はとても優しくて「自分を責めてはいけない。仕方なかったんですよ。治療に遅すぎることはありません。」と言われました。半年間抗がん剤の治療を受け、手術することになり先生からは部分切除でも手術可能になったと言って下さいましたが、再発が怖くて全摘を選びました。術後子供になんと言って打ち明けようかと悩んでいると、先生は「何を言っているのです。○○さんは生きるために全摘を選択したことを子供さんに胸を張って言って下さい。」と言われ目からうろこでした。先生、いつもありがとうございます。

2020年ごろ独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院で治療

加賀野井先生、いつもありがとうございます。
先生の話術、的確な手術技術は言うまでもなく、笑顔(最近はコロナウイルスのためマスクとフェイスシールド越しなので残念!)が最高です。
診察室に入ると本当に元気をもらって帰ることができます。そして元気になった私の笑顔を子供たちに見せることができています。生きることの大切さをなにより大事にしている先生の一言には重みがあります。看護婦さんとの掛け合いも最高です(笑)。感謝しております。

2020年ごろ独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院で治療

このイシュランで加賀野井先生の評判を知り、診察を受けに四国から浜松まで行きました。浜松でなぜか関西弁の先生で驚きましたが、遠くから来た私にすごく優しくお話してくださいました。四国で受けてきた治療をお話しすると、「間違っていませんよ」「良い主治医の先生ですね」と言われ、再発してから疑心暗鬼になっていた私の氷結していた心を溶かしてくださいました。加賀野井先生にかかりたいと言うと、「もちろん結構です。しかし遠方から来られて、私の治療中に何かあった場合に私は四国には行けません。主治医の先生を信頼して頑張りましょう。」と言って下さいました。浜松近郊の方が羨ましいです。何かあったら連絡してください。いつでも相談に乗りますよと最後に笑顔で言われ、四国に今戻るところです。とても素敵な先生です。

2020年ごろ独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院で治療

こんにちは。他の病院で人間ドックを受けました。エコー検査で右の乳房に10mmほどの”しこり”が見つかりましたが良性と言われて来年の人間ドックで経過を診ると言われたのですが、心配で別の病院に行きましたがやはり良性で置いておいて良いとの結果でした。ネットで見ると良性と言われて乳がんだったという話もあり、最近乳がんの治療をした友達に心配で相談したら浜松労災病院をおすすめされたので受診しました。正直なところ浜松に住んでいても労災病院はあまり知りませんでした。乳腺外科に行くとコロナウイルスで対策された加賀野井先生が外来担当でした。マスクや手袋を装備されている少し怖い印象でしたが、声がとても優しくて安心しました。エコーを直接してくれた先生から残念ながらがんの可能性があると言われましたが、きちんとみてくれる病院がなくて、がんかもしれないというストレスが和らぎました。MRI検査でさらにがんの疑いが強くなり生検を受けて乳がんの診断となりました。先生からは乳がんにかかってしまったことは残念ですが、すごく小さく早期ですから治りますよと言われました。すごくきれいに手術していただけました。本当に感謝しています。

2020年ごろ独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院で治療

2006年に先生が大阪で勤務されている病院で、全摘手術を受けました。3センチのガンが3つもある全摘にもかかわらず、入院から三泊四日で退院させていただけるほどのパーフェクトな手術でした。術後の治療についても、丁寧に説明して頂きました。通院治療中に先生が浜松労災病院に移られたので、先生を追いかけてこちらで治療を継続しています。2018年には、胆嚢摘出術もして頂きました。命はお金では買えない。いいドクターに巡り会えるかどうかだと思います。大切な人が乳癌になったら、新幹線を使ってでも、加賀野井先生に診ていただくように勧める自信があります。

独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院で治療

同じ医療職として他院で働いていますが、加賀野井先生のような優しい医師に会ったことがありません。手術も素人が言うことではないですが、すごい技術です。関西弁での言い回しがとっても素敵な先生です。

2018年ごろ独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院で治療

私は海外赴任中の仕事人間ですが、毎年春か夏に実家に帰省します。今年も、実家に帰省していたのである大きな病院の検診を受けました。もちろん乳がん検診もです。異常なしの判定でしたが、高校の同級生がひとつの病院の検診では信用できないよと言うので、浜松労災病院の乳がん検診を受けました。診察とマンモグラフィーレントゲン検査の説明は、乳腺外科の加賀野井先生でした。先生は開口一番、「少し気になるところがあります」と言われました。そんなはずはないと思い、実は1か月まえに他の検診病院で検診を受けたことも話しました。先生は「このまま海外に戻るのは危険です」と言われました。すぐに乳腺外科の先生の外来の予約を入れてくださり、何と半月以内に手術することとなりました。驚くことに早期乳癌だったのです!!
加賀野井先生は関西弁のユーモアたっぷりあふれた先生ですが、診断や治療の話になると真剣そのものです。たった2cmほどの切除範囲でキレイに悪いところを見事切除してくれました!手術の傷はほとんど分かりません。加賀野井先生は関西のブラックジャックのような外科医です。ありがとうございました。

2
2019年ごろ独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院で治療

加賀野井先生の印象は、とてもフレンドリーで、暖かく、話し安く、患者の気持ちを受け止めて、沈み勝ちな心を盛り上げて下さる感じで、頼れる兄貴のような先生です。私は、炎症性乳癌と言う、珍しい乳癌です。化学療法の点滴に始り、今は、投薬で、外来治療中です。エコ-検査では、ガン細胞が殆ど無くなりましたが、不安は有ります。症状として、右乳房の下の痒みから始り、乳房がパンパンに腫れ、痛みや、乳首の回りは紫から黄色に偏食して、毛穴がブツブツとハッキリとわかりました。先生の適格な処置で、今、頑張ってます。定期検診は必ず必要だと、今更ながら反省する毎日です。皆さん。迷って無いで、早期発見、早期治療を心掛けて下さい。負け無いで頑張りましょう。

3
2016年ごろ独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院で治療

1%の確率からなる、乳腺炎症炎乳癌と診断されてから2年経ちました。
最初に労災病院を紹介される前から、インターネットで検索してましたので、多分?と思ってましたが、やはり、ショックでした。頭の中が真っ白になり、血の気が引いていくのを感じました。
後、どのくらい?って怖くて聞けませんでした。
治療は、抗がん剤の点滴から始まり、今は、投薬になりました。
先生の的確な判断、治療で、暫くしてエコーを受けた所?癌細胞が、殆ど消えてました?実は他に、椎間板ヘルニア、骨髄炎の病気も持ってます。
何れも完治してません。
乳癌治療中に骨髄炎の手術をした為、乳癌治療は後回しです(´Д`|||)焦りましたが、加賀野井先生を信じて止まない私は、元気でした。
その後、骨髄炎の病気が長引き、やっと、杖をついて歩ける様になり、今は、外来治療中です。
加賀野井先生は、「良かったね~さすが元運動部」とか?「大丈夫、大丈夫」って気持ちを盛り上げてくれます。
色々と心配もして下さいます。
加賀野井先生に診察に来る度、パワーを頂き、元気になって帰れます。
とても、フレンドリ-な先生です。

4

私は乳房のしこりで癌だと思い込んでふさぎ込んできました。
母に連れられて浜松労災病院乳腺外科を受診しました。
加賀野井先生はとってもやさしくて、「大丈夫だよ。心配ないからね。」と私の抱えている心配を一瞬に笑顔で吹き飛ばしてくれました。
手術は乳房に全く傷のない手術で魔法のようでした。
幸い良性でした。
加賀野井先生に会えて良かったです。
ありがとうございました。

4

加賀野井先生に大変お世話になりました。
手術の技量もさることながら、優しい笑顔で言葉も頼もしかったです。
命を預ける患者としては最高の外科医です。
他の病院では全摘と言われた私ですが、加賀野井先生はこんなに綺麗に胸を残してくださいました。
子供がまだ小学生です。
見た目も非常に大切なことを理解していただけて幸せです。
加賀野井先生、本当にありがとうございました。

5

この度は加賀野井先生に母がお世話になりました。
母は認知症で施設に入っております。
最初に施設から紹介された病院では「90歳を超えている年寄り術はできない」「癌の治療をしても長生きできない」と言われました。
私自身が加賀野井先生の検診を受けた時に母の相談をしましたところ、「見てるのも辛いですね。僕のところに連れてきて見せてください。」と言われました。
母を連れて先生のところに受診しました。
母の診察をした後で先生からは、「大丈夫。手術すればまた施設に戻って施設のみんなと好きな歌を歌ったりできるよ。」と言われました。
母は若い時から肺が悪く全身麻酔は受けるのはちょっと難しい状態でしたので、局所麻酔での手術でした。
驚くほど元気に回復してもうすぐ退院して施設に戻ります。
加賀野井先生の母への笑顔が素敵で私どもの家族では加賀野井先生はちょっとしたおじさんアイドルです。
ありがとうございました。
ほんとに神様の様な優しい先生です。

4

今、浜松労災病院に入院中です。
もうすぐ退院します。
入院のベッドから投稿しています。
加賀野井先生の手術を受けてました。
子供がまだ幼いので乳癌だったらどうしようという不安でいっぱいでした。
初めての診察の時も、固くなっている私に安心するようにいっぱいお話してくださいました。
乳癌初期でした。
リンパにも転移していないと言われ、手術を受けました。
魔法のような手術です。
まったく手術する前と変わらないのです。
加賀野井先生が神様に見えます。
話術も巧みで技術も正確な先生で安心できました。
これからも長くお世話になると思いますのでお願いします。

5

私は進行乳癌の患者の母です。
娘はいろんな病院で治療を受け、乳癌の治療を3年間して参りました。
呼吸が苦しくなり、かかりつけの病院に電話しましたが入院できないので他の病院に行けと言われました。
救急車を呼び運ばれた先が労災病院で加賀野井先生が診察にあたってくれました。
先生は「とても辛かったですね」と娘に優しい声をかけてくださり、緊急入院の手続きをしてくださいました。
別の診察室で私だけ呼ばれ、胸の水を抜いて癌治療をすれば退院できる可能性があり諦めないように言われました。
どこの病院もすぐに亡くなると言われていただけに驚きました。
先生言葉通り奇跡は起こりました。
娘は自分の足で歩いて家に帰ることができたのです。
癌の治療を続けながら、娘は元気です。
主治医が変わるとこんなにも変わるものだと驚きです。
加賀野井先生は本当に素晴らしい先生です。
ありがとうございます。

7

私は毎年ある病院で乳がん検診を受けていましたが、一回も異常と言われたことがありませんでした。
ある日、左胸から血がついていました。
あわてて近くの内科医院に行きましたら、乳がんかもしれないと言われ目の前が真っ暗になりました。
検診をきちんとうけていたのに、と思うと検診病院が信用できなくなりました。
内科医院から浜松労災病院の乳腺外科を紹介されました。
加賀野井純一先生の診察を受けました。
非常に明るく、優しく、落ち込んでいる私に接してくれました。
残念ですが、乳がんの可能性が高いです。
でも早く診断をつけて治療を開始すれば大丈夫です。と言ってくださいました。
抗がん剤の治療を受け、乳がんを小さくして切り取る範囲も少なくして、少し胸が小さくなりましたがへこみもなく大満足です。
本当に加賀野井先生に感謝して、3年間通院しています。
ありがとうございます。
関西弁の赤井秀和みたいな大きなかっこいい素敵な先生です。

7

とても信頼できる先生です。
私の周囲ではあまり知られていないようですが、個人的には加賀野井先生でなければ不安で前向きになれなかったと思うほどです。
私の場合、検診を2年近く受けてないことを思い出し、たまたま自分で乳房を触ってみたところ小さい塊を感じて受診しました。
エコーやマンモグラフィーを行なった後、先生に診察をしてもらったらすぐに『おそらく乳がんです。でもすごい初期だからちゃんと治るから。心配しなくて大丈夫。』と言われました。
最初は病名でビックリしましたが、診察の回を重ねるうちに安心してお任せしようと思えるようになりました。
決め手は気になる質問にちゃんと答えて下さるところ、気さくに話せる雰囲気、考えられる可能性をちゃんと説明して下さるところ。
入院中も先生がお休みの日以外は、必ず病室に顔を出してくれたのも心強かったです。
私は想像できなかったのですが、術後の乳房のシルエットができるだけ術前と変わらないように考えて頂けて、後々ありがたかったと感じています。
また治療法についても自分の希望に応じた選択肢を提案してくれます。

7

最初は、右側の乳房下の虫に刺された様な痒みの感じから始まり、不安を抱えながら仕事をしてました。
かきむしる様な痒みから痛みも加わり、皮膚の色が変わり、オレンジの皮の様なぶつぶつ感になり、紹介して頂いた浜松労災乳腺外科を訪ねました。
1%の確率でなる、乳腺炎症癌と知り、目の前が真っ暗になりました。
身内には、乳癌患者は居ません。
治療よりも、この先の心配が先でした。
加えて、椎間板ヘルニアの病気も有ります。
途方に暮れましたが、担当医の先生が、話し易い事と、明るく、盛り上げて下さり、気持ちも落ち着いて来ました。
外来で、治療して頂いておりますので、仕事もしてます。
今のところ、後遺症も無く、精一杯生きてます。
先生を信じ、先の事より、今が大事です。頑張ります。
検診は、定期的に、必ず受けて下さい。お願いします。

5

私は先生が浜松に行かれる前におられた大阪の病院で乳癌の手術を受けた患者です。
いくつかの病院で手遅れですと言われた肝ぞうに転移がありましたが、3年間元気です。
先生は患者に優しく真剣に治療をしておられるのがよくわかります。
毎日感謝しています。
ありがとうございます。

6

この先生の受診経験があれば、感想をお寄せください
あなたの感想がこのページに掲載され、他の患者さんに役立ちます

この先生の感想を投稿

お世話になった先生へお礼状を送りませんか?

ポスコミ

サンキューレターは、300字までのメッセージ入りのお礼状を病院や医師の方へ送ることができる仕組みです。

メッセージは公開されることなく事務局を経由して病院や医師の方へお届けします。 お世話になったあの先生に面と向かってはなかなかお礼が言いづらい、退院した時に言いそびれてしまった、個人ではお礼状を送りづらい、などはありませんか?

伝えきれなかった感謝の気持ちを私達が代行してお届けします!
(お礼状ははがき郵送サービス ポスコミ を利用してお届けします。費用はイシュランにて負担しております)

サンキューレターを送る

この先生には今までに 1 のサンキューレターが送られています

同じ病院の医師

独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院

名前 性別 資格
寺谷 直樹 10
静岡 独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院 乳腺外科
男性 外科学会専門医 647

※2021年4月時点データ。治療件数は2019年4月〜2020年3月の1年間。※件数は入院のみ(外来は含みません)
写真は各病院ホームページに掲載されているものを使用しています。